ヘアカラーデザインの可能性を広げるナプラ N. エヌドット ブリーチシリーズ

N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

かつてないほどブリーチオンカラーを楽しむ人が増え、グレイカラーをしながら髪色の美しさにこだわる人が増えた今の時代。
果たして、ブリーチ剤はどうあるべきか。
操作性に優れたテクスチャーと、アップルの香りによる快適な施術。
高いブリーチ力とダメージケアを両立し、みずみずしい明るさへ。

「脱色・脱染剤」と「脱染剤」の違い

N. POWDER BLEACH(エヌドット パウダーブリーチ)

N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

ブリーチ作用の強弱をつけやすく、メラニン色素と酸化染料を分解。
操作性とブリーチ力のバランスに優れるハイブリーチ。

N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

しっかり脱色する

N. POWDER DECOLORIZER(エヌドット パウダーディカライザー)

N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

ブリーチ作用を抑えて黒染め等の残留色素を除去。
低アルカリタイプにより髪への負担が少ない脱染剤です。

N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

ほとんど脱色しない

N. POWDER BLEACH(エヌドット パウダーブリーチ)の特徴

  1. N. POWDER BLEACH(エヌドット パウダーブリーチ)は仕上がりが計算しやすく、使いやすい!!
    トーンアップの仕方
    N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ
    ※髪質・環境などにより仕上がりは変わります。
    ※N. POWDER BLEACH(エヌドット パウダーブリーチ):OX6% = ①:②で検証。
    ※ナプラヘアカラー2剤(OX)との使用が必須。
  2. 新生部・既染部ともに、一定のスピードでブリーチが進行するので、繰り返しの施術にも向いています!!
    繰り返し施術によるトーンアップの仕方
    N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ
    ※髪質・環境などにより仕上がりは変わります。
    ※N. POWDER BLEACH(エヌドット パウダーブリーチ):OX6% = ①:②で検証。
    ※ナプラヘアカラー2剤(OX)との使用が必須。

OX(2剤)との関係について

N. POWDER BLEACH(エヌドット パウダーブリーチ)とOXの比率

N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

※髪質・環境などにより仕上がりは変わります。
※ナプラヘアカラー2剤(OX)を目的・髪質に応じた比率でご使用下さい。

N. POWDER DECOLORIZER(エヌドット パウダーディカライザー)とOXの基本MIX比率

1剤 : 2剤(OX3%) = ① : ③

※基本は3%を使用しますが、残留色素に応じて4.5%や6%の選択をして下さい。

自然放置タイムの関係について

N. POWDER BLEACH(エヌドット パウダーブリーチ)とOXの比率

N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

毛束はN. POWDER BLEACH(エヌドット パウダーブリーチ):OX6% = ①:②で検証

目的の明度や髪質などにもよりますが、しっかり脱色 & 脱染をしたいなら… 30分自然放置。
※髪質などを考慮した上で。
※目指す明度や髪質に応じて調整をして下さい。

N. POWDER DECOLORIZER(エヌドット パウダーディカライザー)の基本放置タイム

自然放置 15分

※毛髪の状態、脱染具合などによって、タイムの増減調整をして下さい。

N. POWDER DECOLORIZER(エヌドット パウダーディカライザー)の脱染効果

寒色系染料の脱染イメージ
N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

N. POWDER DECOLORIZER(エヌドット パウダーディカライザー):OX3% = ①:③自然20分放置で検証

暖色系染料の脱染イメージ
N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

N. POWDER DECOLORIZER(エヌドット パウダーディカライザー):OX3% = ①:③自然20分放置で検証

一般的に寒色系は脱染しやすく、暖色系は脱染しづらい傾向にあります。
※施術の回数、残留の状態によって仕上がりは変わってきます。

Point:N. POWDER DECOLORIZER(エヌドット パウダーディカライザー)の施術及び施術後のカラー剤選定について

  • N. POWDER DECOLORIZER(エヌドット パウダーディカライザー)とアルカリカラー、ライトナーをMIXして使用しないで下さい。
  • 染料が1番残っている部分から塗布し、必要に応じて3 ~ 5分程度の時間差をつけます。
  • パーマ施術後の毛髪はトーンアップしやすくなる可能性があります。
  • 新生部へも薬剤塗布した場合、2プロセス目のヘアカラーは1LV低い薬剤レシピがオススメです。

PROCESS 使用工程

  1. 毛髪診断 & カウンセリング
    毛髪の状態をチェックしてお客様の希望に合った薬剤を選定します。
    ※N. POWDER DECOLORIZER(エヌドット パウダーディカライザー)にて黒染めを除去する場合には、ストランドテストをおすすめします。
  2. 薬剤調合 & ブロッキング
    薬剤を塗布しやすいようにブロッキングを行います。
    ・N. POWDER BLEACH(エヌドット パウダーブリーチ) + 2剤(6%) = 1:2
    ・N. POWDER DECOLORIZER(エヌドット パウダーディカライザー) + 2剤(3%) = 1:3
  3. 薬剤塗布
    塗布はできるだけすばやく正確に行います。
  4. 放置タイム
    5 ~ 30分自然放置します。
    ・N. POWDER BLEACH(エヌドット パウダーブリーチ) ⇒ 5 ~ 30分
    ・N. POWDER DECOLORIZER(エヌドット パウダーディカライザー) ⇒ 15分
  5. カラーチェック
    希望の明度・脱染ができているかチェックします。
  6. アフターシャンプー & 後処理
    十分に水洗を行い、シャンプー。
    バッファー処理やトリートメントを行います。
  7. 仕上げ or ヘアカラー
    お客様の希望に合わせた施術を行います。




サロン名
お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
お問い合わせ内容(メーカー・商品名など)※必須




N.,エヌドット,パウダーブリーチ,ダブルカラー,ブリーチオンカラー,脱染剤,ハイブリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 純一

商品流通部 課長・インストラクター
美容材料通販サイト REVO+ の運営に携わりながら、臨店講習を担当。
日々、メーカーと薬剤の事、毛髪の事を話し合い考えている元美容師です。
車・バイクが大好きです。
カスタムの事なら・・ではなくて、薬剤のことでメーカーには聞けない事、メーカーでは答えられない事、お答えしますのでお気軽にお問い合わせください。