こだわる人にオススメしたい GREEN SALON(グリーンサロン)認証ワックス

ケアオブヤード,グリーンサロン,オーガニックコスメ

オーガニックとは・・・

食品や美容のあらゆる場面でオーガニック成分を掲げる商品が沢山あります。
オーガニックはいい!というイメージがあるので、オーガニックと言われれば、そうでないものより少し値段が上がっても、買ってしまうことがあります。
でも、オーガニックとは、実際何がそんなに魅力的で、どんな利点があるのでしょうか?

定義

オーガニックとは、有機栽培、有機農法とも言われます。
簡単に言うと、化学肥料や農薬を使わずに育てられた作物や畜産物、それらを使用した加工品に対して使われます。
しかし、オーガニックとは、ただ化学肥料や農薬を使わないだけではありません。
オーガニックを名乗るには、その土壌で2、3年前から化学肥料を使ってないこと、遺伝子組み換えの種は使用しない、畜産物の場合は飼料も有機であること、など、様々な基準があります。
厳密にはそれぞれのオーガニック認定機関によって定義は異なります。
どれも共通して言えることは、オーガニックとは、化学的なものをできるだけ使わず、環境負荷をより少なくし、自然を大切にし、それが私たちの安全・健康増進にも繋がるような考えを持っていることです。

オーガニック化粧品とは・・・

肥料や農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された、有機素材で作られた化粧品のことです。
素材そのものの効能により、人間が本来持つ自然治癒力を高めつつお肌をケアするのが目的で、お肌への刺激が少ないのが特徴です。
なぜオーガニック化粧品がお肌に優しいのかというと、お肌に刺激となりやすい化学物質が含まれていないからです。
そのため、敏感肌の人でも肌荒れや乾燥の心配が少なく使用できます。

無添加、自然派、天然由来 ≠ オーガニック

無添加化粧品、自然派化粧品、天然由来成分配合化粧品など、いろいろな表現を使われている化粧品がたくさんありますが、その違いをご存じですか?

無添加化粧品
約7000種ある化学成分のうち、とくに刺激が強いとされる102の旧指定成分を含まないコスメ。
防腐剤や合成色素、石油系界面活性剤などの人工添加物が含まれていない化粧品のことを指します。
他の合成成分が含まれている場合があります。

自然派、天然由来化粧品
天然の素材を加工して精製しているもののことを指します。
つまり、無添加化粧品というのは、人工的な化学物質をほとんど配合していない有機素材の成分が含まれた化粧品。
自然派、天然由来成分配合の化粧品というのは、天然成分が含まれた化粧品。

オーガニック化粧品なら、本当に安心して使えるのか?

オーガニック認証マークは団体によってそれぞれの基準があります。
しかし認証マークを取得している商品の中にも「○%以下なら害がない」とされている成分を含む物があります。

日本には、オーガニックの認定を農林水産省がしていて、認定された商品には有機JASマークというものがつけられます。
対象となるのは、農産物、畜産物、加工食品です。
この認定がないものに対して、有機、オーガニックといった紛らわし表現をすることが禁止されています。
これは主に食品に対して行われている認定で、オーガニックコスメの認定機関というものは日本には存在しません

海外のオーガニック認定機関

世界にはヨーロッパを中心に沢山のオーガニック認定機関があります。
日本にはオーガニックコスメの認定機関がないため、海外の認定を得た商品をよく見かけます。
ですが、認定の基準は様々です。

海外のオーガニック認証機関・団体をご紹介します。
ホームページより認定基準等、ご覧ください。

このように、「オーガニック化粧品」といっても成分基準や特徴はさまざまです。

GREEN SALON(グリーンサロン)

ケアオブヤード,グリーンサロン,オーガニックコスメ

GREEN SALON(グリーンサロン)(非営利団体)は、2006年、ヘアスタイリストさんがよりよい環境で働くことを目的として設立されました。
スウェーデン、グリーンサロンの団長である Joachim Palvig 氏によると、現在この団体の基準は、ヘアサロンや美容師学校などで、世界的に最も厳しい環境認証となっているとのことです。

事実

北欧では、ヘアスタイリストさんは平均8年半ほどで任期を終えます。
66%のヘアスタイリストさんが、呼吸器トラブルやぜんそくを抱えています。
29%のヘアスタイリストさんがカラーリング剤などの化学成分にアレルギーがあります。
44%の美容師学校の学生さんたちは、インターンシップの時点で手の湿疹に苦しみます。

美容師の皆さんは、日常的に害を及ぼす物質にさらされています。
それは、一般の基準値を超えている場合がほとんどです。

GREEN SALON(グリーンサロン) ~ 北欧ヘアサロンと商品の認証について

GREEN SALON(グリーンサロン)認証は、美容師の皆さんが日々接触する薬剤から、危険な化学成分を削減してくことを目的としています。
非営利団体により運営され、デンマーク、スウェーデン、EUの政府が保有する既存データをガイドラインとして、髪や肌に害を及ぼす成分のデータを基に決められています。
害を及ぼす成分に関しては、微量の配合でも認証されることはありません。

オーガニック認証マークとの違い

オーガニック認証マークは団体によってそれぞれの基準があります。
GREEN SALON(グリーンサロン)認証の製品を使いはじめたサロンの80%が、幸福感が増し、以前のようなトラブルが減少したという結果を実感しています。
GREEN SALON(グリーンサロン)マークは上記にも記したようにこの様な成分の微量の配合でも認証されることはありません。

GREEN SALON(グリーンサロン)認証 ヘアワックス

Care of Gerd(ケアオブヤード)

Care of Gerd (ケア・オブ・ヤード)は、2008年、水の美しいスウェーデン ラップランド州にある小さな町ヨックモックで誕生しました。
創設者である、ヘアスタイリストのヨハンとアロマセラピストである姉のアナレナは、自らも生まれ育ったその地に製造工場を建て、地域で採取される北欧ベリー類のシードオイルを配合した、人にも環境にも優しい製品づくりを目指しています。

オーロラで知られる北極圏で、陽が沈まない白夜と厳しい寒さを生きぬくため、野生のブルーベリー、クラウドベリー、リンゴンベリーは栄養をたっぷり蓄えます。
そんな北欧ベリー類のシードオイルをCO2法という特別な方法で採取し髪質に合わせて配合したヘアケアシリーズは、ナチュラルでありながらも機能性を兼ね備え、美容業界を中心に展開を広げています。

Care of Gerd(ケアオブヤード)の製品は、GREEN SALON(グリーンサロン)認証を取得しています。
Care of Gerd(ケアオブヤード)の製品がいかに肌に優しい製品であるかということが、これで証明されました。

10-10 SALT DEFINITION ワックス ハード

マットな仕上がりで、スタイリングをキープするソルトワックス
ケアオブヤード,グリーンサロン,オーガニックコスメ
海に入ると髪が固まることをヒントに作られた美容室でも人気の高いヘアワックスです。
油っぽさやベタつきもなく、ニュアンススタイルもハードにもスタイリングアレンジが可能です。
塗っている感はなく、サラッとした仕上がりで、手についてもベタつきが気になりません。

ブルーベリー種子油と厳選したソルト(塩)でできた新感覚のヘアワックスです。
スタイリングのフィニッシュに、濡れた感じを残したい場合には半乾きの状態で使用します。
ミツロウ(ビーズワックス)とソルトの比率を変えることで、ソフトよりスタイリング力を強くしています。
太くて固い髪の方、ハードに決めたい方にお勧めです。
塩(塩化ナトリウム)には、収斂作用があり髪のキューティクルを整え、感触を改善する働きがあります。
ミツロウは、蜂蜜の成分でビタミンBが豊富で保湿に優れています。

  • ブルーベリー(ラテン語 Vaccinium Myrtillus)
    限られた土壌でしか育たないビルベリーという品種を使用しています。
    ビルベリーには、アントシアニンが通常のブルーベリーより4~5倍豊富で、抗酸化作用に優れています。
    必須脂肪酸やビタミンEにも豊み、髪への潤いやエイジングケアにも適しています。
  • 髪へ働きかける植物油
    シア脂 ― 保湿に優れ、皮膚に触れると体温でとけます。
    白髪や脱門防止、紫外線防止、保護作用があります。
    ホホバ種子油―髪を潤いでコーティングし、頭皮の皮脂分泌を正常化、髪のケラチン化、頭皮の活性化、フケ・カユミ防止をサポートします。
    ザクロエキス―エストロゲンが頭髪に関係していることから、抜け毛、白髪、近年増加している女性の薄毛など
    の効果が注目されています。
    代謝を上げ、細い髪や弱った髪によいとされています。
  • マンダリンオレンジ、グレープフルーツの精油でのリフレッシュで爽やかな人に好まれる香り。
特徴
  • 100%天然由来で、生分解性に優れています。
  • 純度の高いラップランドの源泉水を使用しています。
  • 動物実験を行いません。
  • 合成香料、合成着色料、石油系成分、パラベンを配合していません。
  • 遺伝子組み換え原料を使用していません。
  • ラウリル / ラウリス硫酸ナトリウム(SLS)を配合していません。
  • シリコン、パラフィン、ミネラルオイル(鉱物油)を配合していません。
  • ポリエチレングリコール(PEG)を配合していません。
  • アミノ酸系で低刺激、pH値は理想的な4.5~5.5の弱酸性です。
  • 分解可能な素材であるサトウキビの搾りカスでできたチューブ容器を使用しています。
使用方法
頭皮以外の髪全体に馴染ませて使用ください。
乾燥でお悩みの方はケアオブヤード B2ヘアセラムオイルを一滴加えるとよりトリートメント効果を高めます。
よりハードにスタイリングをしたい場合は半乾きの状態でワックスを揉み込みドライヤーを当てながら手で形を作ります。
そうする事で男性のニュアンススタイルも表現することができます。

全成分
水、香料*、ミツロウ*、シア脂*、加水分解シルク、ホホバ種子油*、キサンタンガム*、塩化Na、セタノール、グリセリン*、ハイブッシュブルーベリー種子油*、マンダリンオレンジ油*、グレープフルーツ果皮油*、ザクロエキス*、カプリル酸グリセリル* 
*=Ecocert(エコサート)有機認証原料

ケアオブヤード,グリーンサロン,オーガニックコスメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 純一

主任インストラクター
美容材料通販サイト REVO+ の運営に携わりながら、臨店講習を担当。
日々、メーカーと薬剤の事、毛髪の事を話し合い考えている元美容師です。
車・バイクが大好きです。
カスタムの事なら・・ではなくて、薬剤のことでメーカーには聞けない事、メーカーでは答えられない事、お答えしますのでお気軽にお問い合わせください。