「タンパク変性」に施術でホームケアでどう向き合うか?

「タンパク 変性」に施術でホームケアでどう向き合うか?

タンパク変性の大半は、自宅でおきている

髪(ケラチンタンパク)を変性させてしまう要因

  • 紫外線による酸化変性
  • 熱(アイロン / ドライヤー)による変性
  • 薬剤(アルカリ/酸/酸化剤)による変性
  • 残留アルカリ + 洗浄力の強いシャンプーによる変性
  • 水道水(重金属イオン)や強アルコールによる変性

タンパク変性した髪の共通点

硬くなる

キューティクルについて

キューティクルの構造

HOGOSUI,ホゴスイ,コスメイカー
エピキューティクル
キューティクルとして一番外側にある半透明の薄いキューティクル。
疎水性でアルカリなどの薬剤に対して強い性質を持っている。
シスチン含量が低い。

エキソキューティクル
中間にあるキューティクル。
アルカリに対して弱い性質を有する。
シスチンを多く含む。(非結晶ケラチン)

エンドキューティクル
一番内側にあるキューティクル。
親水性でアルカリなどの薬剤に対して弱い性質を持っている。
シスチン含量は低い。

タンパク変性しやすい個所

エピキューティクルが1番変性しやすい。

キューティクルとして一番外側にあるため、薬剤や紫外線、アイロンなどの熱に最初にダメージを受けて硬く(変性)しやすい。
変性すると機能が低下。

エピキューティクル

エピキューティクルとは

蒸気は通すけど水は通さないワックス(18MEA)を塗ったラップ。

エピキューティクルがタンパク変性すると・・・

蒸気を通していたエピキューティクルが蒸気も通さなくなり乾燥します。
水を吸うエンドキューティクルもタンパク変性によりカスカスのスポンジになります。
エピキューティクルは弾力があり、水を吸ってキューティクルが立ち上がってもエピキューティクルの弾力で元の状態に戻す役割ができなくなり、キューティクルがもとに戻れず、摩擦等で剥がれやすくダメージしやすい状態へ。

キューティクルの働き


キューティクル1枚(3層)の中に、水で膨らむ力と閉じる力それぞれある。

キューティクルが開く

髪は水を含むとエンドキューティクルが膨らみ、キューティクルが開く。
HOGOSUI,ホゴスイ,コスメイカー

キューティクルの閉じる力(作用・反作用)

物体Aが物体Bに力を加えると、必ずBもAに同じ大きさで反対向きの力を返します。
2つの物体が互いに力をおよぼし合って接しているとき、片方の力を作用の力、もう片方の力を反作用の力といいます。

作用の力と反作用の力の関係・・・同じ大きさで向きは反対、一直線上ではたらく

タンパク変性した毛髪

健康な髪
HOGOSUI,ホゴスイ,コスメイカー
エピキューティクルの閉じる力により、エンドキューティクルも元の厚みに戻る。

タンパク変性した髪
HOGOSUI,ホゴスイ,コスメイカー
水が抜けてもエピキューティクルの閉じる力が作用せず、エンドキューティクルが膨らんだままで閉じない。

タンパク変性した髪は・・・

キューティクルが立ち上がったまま。

だから

  • 毛髪内部水分が発散されやすく乾燥
  • トリートメントなどの成分がはき出される
  • ひっかかりやすくなり剥離しやすい

タンパク変性をさせない為にどうするか?

グルコノラクトン、メドウフォーム-δ-ラクトンによってキューティクルや角質を包みこみタンパク変性を防ぐ

CuthicL cotton HOGOSUI(キューティクル コットン ホゴスイ)

キューティクルや肌の角質を包みこんで保護し、タンパク変性から守って美しく!

ノンシリコーンで驚きの質感
髪も肌もやわらかく満たすホゴスイ

タンパク変性によって開いたキューティクルや角質を整えます。
紫外線・カラーやパーマの繰り返し・熱でタンパク変性し、硬くなったキューティクルや角質をやわらかく整えます。
生キューティクル HOGOSUIの後にケア剤を使うと、表面で発散せず本来の力を発揮します。

HOGOSUI,ホゴスイ,コスメイカー

特徴

cotton OIL成分により
タンパク変性し開いたキューティクルや角質を正常な状態に戻し柔軟性をあたえる。

グルコノラクトン成分により
キューティクルや角質を包み込み、タンパク変性しにくい髪や肌へ。

ブロード型ケラチン(2万~10万) / CMC(細胞間脂質) / キューティクルCMC成分により
保湿 / 保護

おすすめの使用方法

全ての薬剤に5%混ぜ合わせる ※カラーの場合、総量の5%
アルカリによるタンパク変性を防ぎ柔らかさとツヤ感を向上、またカラー剤が「やわらかくなり」塗布しやすくなる。
※プラス CuthicL OILシリーズを1gまぜあわせるとさらにツヤ感/質感(やわらかさ)向上。

CuthicL OILを塗布前に12プッシュ(ミディアム)塗布しコーミング
タンパク変性したキューティクルを正常に戻すため、やわらかさ/ツヤの向上。

熱を加える前(アイロン / デジタルパーマ / ブロー etc)に12プッシュ(ミディアム)
塗布しコーミング
熱によるタンパク変性を防ぎ(熱によるダメージを修復へ)やわらかさとツヤ感の向上。

清水
タンパク変性した髪にどうカットするか?
タンパク変性した髪にどうカラーをするか?
タンパク変性した髪にどうパーマをするか?

諦めていた方、迷っていた方、ぜひ一度お試しください!

「タンパク 変性」に施術でホームケアでどう向き合うか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 純一

主任インストラクター
美容材料通販サイト REVO+ の運営に携わりながら、臨店講習を担当。
日々、メーカーと薬剤の事、毛髪の事を話し合い考えている元美容師です。
車・バイクが大好きです。
カスタムの事なら・・ではなくて、薬剤のことでメーカーには聞けない事、メーカーでは答えられない事、お答えしますのでお気軽にお問い合わせください。